発達ビルメン落書き帳

発達障害持ちビルメンの雑記ブログ

ドルコスト平均法の基礎知識について説明する

どうも、だらだらです。

 

長期投資をやっていると、ドルコスト平均法はよく聞く言葉だ。

 

でも、毎月同額を買い続ける方法だ言うのは知っていても、案外仕組みやメリットを知らない人が多いかもしれない。

 

それはドルコスト平均法と一括投資を比べると言う、頓珍漢な人が多いからだ。

 

そんな事もあって、今回はドルコスト平均法の知識をまとめてみようと思う。

 

目次

 

ドルコスト平均法の基本

まず、ドルコスト平均法の概要について簡単に説明する。

 

先ほども言ったように、ドルコスト平均法とは毎月同じ額の投信や株式を買い続ける事を言う。

 

証券会社の自動積立サービスを使って投資している人が大体それに当てはまる。

 

ドルコスト平均法とはその言葉の通り、証券を購入するコストを平均化するという事だ。

(ドルのコストを平均化するという事だ。)

 

要するに、バブルの時に全額株式に突っ込むリスクを、防ぐものだと考えればいい。

 

重要な事はドルコスト平均法は、あくまでもリスク回避の方法であり、リターンを高める方法ではないという事だ。

 

投資は、統計上期待値がプラスだから、購入単価を平均にすれば勝つ可能性が高い。

 

以上の事を踏まえて、もっと具体的に説明していく。

 

ドルコスト平均法は上昇相場に弱く、下降相場に強い

次の項で実証例を見せるが、ここでは結論だけ簡潔に述べようと思う。

 

その結論はドルコスト平均法上昇相場に弱く、下降相場に強いという事だ。

 

要するに、購入単価を平均化し、上昇相場で弱くなる分、相場が下がるリスクに備えているのだ。

 

これは、毎月同じ額を積み立てる事に起因している。

 

1口1円の投信を1万円分買おうとすると、1万円 ÷ 1口で1万口買える。

 

相場が上がって一口2円になると、半分の5千口しか買えなくなってしまう。

 

逆に、相場が下がって1口0.5円になると、 2倍の2万口も買う事が出来る。

 

この様に、株価が高い時は買える口数が少なく、低い時は買える口数が多くなる

 

総資産額は、その時の「その時の価格 × 保有口数」だから、買える口数が多くなればそれだけ資産が増える訳だ。

 

なので、ドルコスト平均法=絶対有利と言うのは間違いだ。

(結構多くの人が勘違いしている。)

 

この方法は相場が安い時は有利だが、相場が高い時は逆に不利になってしまう。

 

ただ、重要なのはドルコスト平均法は、損失を出しにくい投資法だという事だ。

 

相場が下がっても少し相場が回復すると、損失がなくなる可能性が高いし、相場が上がっても、利益率は落ちるが損失はない。

 

以上がドルコスト平均法の仕組みだ。

 

次の項でドルコスト平均法の理解を促す架空の例を紹介しよう。

 

ドルコスト平均法の実証例

さて、ここでは架空のデータを使って、ドルコスト平均法を説明する。

 

ちなみに、この法則は僕が見つけた訳じゃなくて、つみたて投資で有名な星野泰平さんが広めたものだ。

 

前置きはさておき、早速例を見てみよう。

まず、2つの塔信託があったとする。

1つ目は1万円から毎月千円ずつ価格が増えていく投信だ。

グラフで言うと右肩上がりのグラフになる。

 

もう一つは3千円まで千円ずつ下がり、その後1万円まで戻った投信だ。

グラフで言うと、V字とグラフになる。

 

さて、双方15年投資をしたとしてどちらの利益が多いだろうか?

 

結果は以下の通りだ

 

ほとんどの人は、右肩上がりの方だと思ったんじゃないだろうか?

 

しかし実のところは、株価が下がって戻っただけのV字トレンドの方が資産が増えているのだ。

 

しかも、資産が2.5倍になっているのには、知らない人からするとびっくりするだろう。

 

こういう結果になったのは、V字トレンドの方が累計の購入口数が多いからだ。

 

実際見てみると、右肩上がりの時に比べて16万口以上多く買っている。

 

この口数の大きさが非常に大きな影響を与えているのだ。

 

そして、この例から学べる重要な事が2つある。

 

一つ目は、ドルコスト平均法において、積立時の株価下落はリターンを良化すると言う事だ。

 

たくさんの口数を買えるので、その分リターンは良化するからだ。

 

よって、投資家は株価の暴落を悲しむのではなく、天の恵みとして喜ぶべきなのだ。

 

ただし、最終の株価が下がったままの場合は、赤字になるから注意が必要だ。

 

そして、もう一つの学ぶべき事は、ドルコスト平均は相場が下がっても、少しの上昇で損失がなくなるという事だ。

 

表を見てもらうと分かるが、3千円まで下がった株価が5千円に戻った時点でほぼトントン、6千円に戻った時点で黒字に転換している。

 

これも株価が低い時に、たくさんの口数を買っているのが理由だ。

 

こう考えると、たとえ株価が半分になっても、ちょっと上がれば黒字に戻るのだから、安心して投資を続ける事が出来るんじゃないだろうか?

 

まとめ

今回はドルコスト平均法の基礎知識について、僕なりにまとめてみた。

 

V字トレンドが右肩上がりより資産を増やした例は、知らない人からすると結構驚いたんじゃないだろうか?

 

この事については、星野泰平さんの本に詳しく書いてあるから、興味があれば読んでみる事をおすすめする。

 

ドルコスト平均法は、結構間違って理解される事が多いから、ぜひきちんと学んでほしいなと思っている。

 

ブログランキング参加中

クリックしよう!!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村