発達ビルメン落書き帳

発達障害持ちビルメンの雑記ブログ

非を認めれない人は障害の有無関係なくダメだと思う

どうも、だらだらです。

 

今日も発達障害についての記事を書いていく。

 

先日、ヤフーニュースで気になる記事を見つけた。

 

news.yahoo.co.jp

 

今回はこの記事の感想について書いていこうと思う。

 

目次

 

記事の概要

出来れば記事を読んで欲しいが、一応下に要約を乗せる。

  • トシキさん(仮名)は27歳男性でASDうつ病持ち
  • ラーメン店や市役所で働いたがどの職場でもな時も事が出来なかった
  • 誰にも理解されない事に苦しんでいる
  • 勤務中に1時間のうち20分トイレに行って、職場で怒られた
  • 怒られるのは嫌い
  • 精神科で検査や診断を受けたが、診断結果は覚えてないらしい

 

次の項から僕の感想を書いていこうと思う。

 

感想

自分の非を認められないのはダメ

はっきり言って、トシキさんの孤独は障害のあるなし以前の話だと思う。

 

なぜなら、彼は自分の非を認める事すらできていないからだ。

 

記事内で、彼は仕事のミスについて以下の様な発言をしている。

 

責められるのは嫌いなんです。ミスは申し訳ないと思っていますが、障害があるんだから仕方ないじゃいないですか。好きでやっているわけじゃありません

 

ミスした人からこんな風に言われたら、その人が健常者でも孤立するだろう。

 

だから、彼の問題が発達障害以前であると僕は思うのだ。

 

誰だって責められるのは嫌いだし、好きでミスしている奴はいない。

 

僕だってミスを責められるとブチ切れたくなるが、それをこらえて謝っているのだ。

(これは障害に限らず、健常者の人も同じだろう。)

 

結局、彼はそこら辺の事を勘違いしている訳だから、こんな傲慢な発言が出来るんだと思う。

 

例えば、トイレに勤務中の1/3行ってしまう件だって、素直に謝れば心証が良くなって許してくれるかもしれないし、少なくとも改善策は考えてくれるだろう。

 

こう言っては何だがサラリーマンなんて素直に謝っておけば、ほとんどミスやチョンボは問題にならない。

 

そう考えると、彼は本当に損しているなと思う。

 

反省しないと次につながらない

彼の非を認められない性格は、職探しの失敗にもつながっていると思う。

 

なぜなら、非を認めないと反省しない事になり、失敗を次に生かす事ができないからだ。

 

自分が悪いと思ってないんだから、反省なんてする訳ないだろう。

 

記事を読むと、彼はラーメン店みたいな明らかに不向きな仕事に就いたり、ブラック企業に入ってしまう事が多い。

 

結局、自分がきちんと反省しないから、また同じようなブラック企業に入社してしまうのだ。

 

そう考えると、彼の身勝手な性格で自分のキャリアをつぶしてるんだから、自分の手で自分の首を絞めている様なモノかもしれない。

 

自慢じゃないが、僕が今こうして向いている仕事に就いているのは、辞めるたびに反省してきたからだと自負している。

 

もちろん運の要素も大きいが、反省をしないと幸運が来てもそれをつかむ事はできないから、反省の要素は大きいと思う。

 

まぁ、彼がこの事に気づかない限り、一生同じようなブラック企業を転々とするのかなと思う。

 

理解は相互で行うもの

記事でも言っている様に、彼の一番の悩みは周りの誰にも理解されない事だと思う。

 

確かに、人間は社会的動物だから、誰にも理解されないのは辛い事が多い。

 

ただ、彼の孤立は自業自得だと言わざるを得ない。

 

なぜなら、彼が周りの人を理解しようとしないからだ。

 

当たり前の話だが、自分が周りに理解されるには、自分が周りの人を理解しないといけない。

 

でも、彼は自分のミスを認めようとしないし、反省しようとしない。

 

また、自分の特性を理解されたいのに、医師からの診断結果は覚えていないとほざく。

 

そんな彼を誰が認めてくれると言うのだろうか?

 

そう考えると、彼の態度を直さない限り、彼の望むものは手に入らないと思う。

 

まとめ

今回は発達障害の記事について、僕の感想を書いた。

 

勘違いしてほしくないのは、発達障害を持っている人でもいい人はたくさんいるという事だ。

 

実際、当事者会で数十人単位の当事者とあったが、ほとんどの人は社会に馴染もうと真面目に努力している。

 

だからこそ、こう言った人の記事が出て障害のイメージダウンに繋がるのは悲しい。

 

ブログランキング参加中

クリックしよう!!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村