発達ビルメン落書き帳

発達障害持ちビルメンの雑記ブログ

EGS投資は絶対に止めておけ

どうも、だらだらです。

 

何か最近ESG投資が流行っているらしい。

news.yahoo.co.jp

 

この記事によると、現在ESG特化の投信が乱立状態だそうだ。

 

ESGはEnvironment(環境)・Social(社会)・Governance(企業統治)の略で、ESG投資とは持続的な開発に寄与する企業に投資する手法の事だ。

 

この様に書くと難しく感じるが、環境活動や社会貢献活動している企業に投資をしましょうという事だ。

 

そして結論から言うと、このESG投資は全く勧める事ができない。

 

今回は、僕がESG投資をおススメしない理由を紹介する。

 

目次

 

歴史上、テーマ型投資の成功は難しい

僕は、EGS投資を知った時に真っ先に思い浮かんだのは、アメリカのテーマ型投信の歴史だ。

 

テーマ型投信とは、IT株や小型株の様に特定の業種や特徴を持った企業に集中投資する事だ。

 

そして、EGSも環境などに特化している訳だから、もちろんテーマ型投信に当てはまる。

 

そして、投資の歴史を見ると、長期的にテーマ型投信が成功する例は少ない。

 

例えば、アメリカだと1980年代のバイオ株や1990年代のハイテク株の事例があるけど、その多くは最終的に紙屑になってしまった。

(詳しくは『ウォール街のランダムウォーカー』第3章を読んで欲しい)

 

そう考えると、テーマ型投資であるESG投資もかなり慎重に考える必要がある。

 

少なくとも、よほど有利な状況でない限りESG企業への投資はしない方がいいだろう。

 

そう考えると、一般の個人投資家が手を出すべきじゃない、と言うのが僕の意見だ。

 

ESGの基準がバラバラ

投資において、指標やデータの信頼性は一番重要と言っても過言じゃない。

 

しかし、ESGの判断材料となる指標は、不統一でかなり曖昧だ。

 

一般的に、企業のESG度を判断するには、ESGスコアと言う指標を使う。

 

この指標は企業の公開情報やアンケートなどを集計・分析して、企業のESG度を評価する。

 

そして、その分析はESG評価機関がやるんだけど、使うデータや評価方法はその機関によってかなり違う。

 

だから、ESG投資をする場合は全く不統一のデータを判断材料にするのだから、良い投資が出来る訳がない。

 

そう考えると、ESG投資をおススメするのは大変不合理なのだ。

 

参考記事

www.sbbit.jp

 

何に特化してるか分からない

下の図を見て欲しい。

この銘柄群を見て、読者の方ならどんなテーマ型銘柄だと思うだろうか?

 

大体の人は、大企業位しか共通点を見つけられないだろう。

(僕もそうだった。)

 

これはESG銘柄群の一部なんだけど、はっきり言って大企業の銘柄群と何が違うのか理解できない。

 

テーマ型投資の場合は、テーマに特化するリスクとリターンが見えるはずなんだけど、正直僕は全くそれらを見つける事が出来なかった。

 

もし、僕が都合よく情報を切り取っていると思うなら、下のサイトできちんと調べてみるといいだろう。

【ESG投資】関連が株式テーマの銘柄一覧 | 株探

 

はっきり言って、こんな大企業群の投資をするならわざわざESG投資をしなくても、インデックス投資で十分だ。

 

それは、インデックスFにもほとんどの大企業銘柄が含まれているからだ。

 

ESG投信はコストが高い投信も多いし、一番安いESGのインデックスFを使っても、普通のインデックスFより倍近いコストがかかる。

 

そう考えると、はっきり言ってESG投資をする理由って全くないと思う。

 

結論:ESG投資はおススメできない

今までESG投資について話してきたが、結論はやっぱりお勧めできないだ。

 

大体こう言う商品は、金融機関が個人投資家から手数料を巻き上げる為に作ったものが多い。

 

実際ESG特化の投信を調べたけど、ほとんどがアクティブ運用で、信託報酬が1.6~1.8%くらいする高コスト商品が多かった。

 

以前の記事でも話した様に、1%単位のコスト差は無茶苦茶大きい差だから、市場平均に勝つのはほとんど無理だと思う。

 

そう考えると、ESG投資の大半は証券会社にとって良い商品だけど、個人投資家にとって悪い商品だと言えるだろう。

 

関連記事

(コスト差の影響について説明してます。)

hattatsubirumenn.hatenablog.com

 

ブログランキング参加中

クリックしよう!!!

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村